日本美女も表紙で多数登場!! 「雑誌不況」の韓国で一部の男性誌が“元気いっぱい”なワケ

Pocket
LINEで送る

1980年に創刊したビジネス月刊誌『BIG tomorrow』(ビッグ・トゥモロウ)が、2018年1月号(11月25日発売)をもって休刊するという。

青春出版社のホームページには「休刊することになりました」「長年のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます」と書かれているが、詳細な理由は書かれていない。雑誌不況と呼ばれて久しいが、その影響が多分にあったと考えられる。

30年以上も発行された“長寿”のビジネス系男性誌が休刊となってしまい、日本の雑誌不況が改めて注目されているが、お隣・韓国も実情は変わらない。

韓国雑誌協会によると、2012年は1兆8625億ウォン(約1862億円)の市場規模だったが、2014年には1兆3754億ウォン(約1375億円)に減少。26%近く落ち込み、その下落は今後も止まらないと危惧されている。

“元気”な男性誌もある韓国の雑誌業界

とはいえ、韓国ではすべての雑誌が不調というわけでもないようだ。特に一部の“男性誌”は元気がある印象だ。