アジアプロ野球チャンピオンシップで見えた宣銅烈(ソン・ドンヨル)コリアの成果と課題

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
11月16日から19日まで東京ドームで開催されたアジアプロ野球チャンピオンシップで韓国は、日本に選手層の違いを見せつけられ2位になったものの、10年近くほとんど動かなかった韓国野球の時計が、ようやく動き始めたことを感じさせた。

野球の韓国代表は、2006年の第1回、2009年の第2回、そして今年の第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、ベテランの金寅植(キム・インシク)が監督を務めていた。

金は選手としてはプロ経験がなく、1982年に始まる韓国のプロ野球において、指導者の第1世代である。そして、選手の第1世代である宣銅烈(ソン・ドンヨル)らがコーチとして金を補佐していた。

今回は「野球国宝」と呼ばれ、韓国のプロ野球草創期の大スターで、中日でも活躍した宣銅烈が満を持して監督に就任し、現役を引退してからそれほど経っていない陳甲龍(チン・ガビョン)や、中日でもプレーした李鍾範(イ・ジョンボム)ら、選手時代にWBCなどを経験した若手の指導者がコーチになり、コーチングスタッフが大幅に若返った。

「U-24」が好都合だった理由

今回の大会規定は、24歳以下か、入団3年以内の選手となっている。これは韓国にとって、好都合であった。