女王・宮原知子と重なる境遇…ソチ五輪韓国代表パク・ソヨンが代表選抜戦後に涙のワケ

Pocket
LINEで送る

11月26日まで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦のスケートアメリカで優勝した宮原知子。

全日本選手権3連覇中のエースが左股関節の疲労骨折から11カ月ぶりに復活したことが関心を集めているが、お隣・韓国に、彼女と似た境遇にある女子スケーターがいる。

パク・ソヨンがその人だ。

韓国代表として、2014年のソチ五輪に出場。2016年の四大陸選手権では女子シングルで4位に入り、韓国女子フィギュアの看板と呼ばれる選手である。

1997年生まれの20歳は、フィギュア界の“長女”と呼ばれることもあり、平昌五輪代表の筆頭にも挙げられていた。

代表選抜戦で流した涙の理由

だが、2016年末からは、リンクを離れることを余儀なくされてしまった。