「絶対ウケる」「K-POPは死んだ」秋元康プロデュースの韓流アイドルに韓国ネット上で賛否両論

Pocket
LINEで送る

(写真=『2017 MAMA』Instagram)
11月29日に横浜で開催された『2017 MAMA in JAPAN』。

韓国の音楽専門チャンネルMnetが主催する同授賞式で、AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏が韓国のアイドルグループをプロデュースすることが発表され、話題を呼んでいる。

新プロジェクトの名称は、『プロデュース48』。

視聴者が直接アイドルグループのメンバーを選ぶ韓国の人気番組『プロデュース101』と、“会いに行けるアイドル”として専用劇場で公演を行うAKBグループのシステムを合わせたものだという。

来年からアイドル選抜番組が始動し、ここからグローバルガールズグループが誕生する予定と伝えられている。日韓両国のメンバーでグループを結成する可能性もあるらしい。

今回のプロジェクトは、Mnet側から秋元氏に協力を要請したそうだ。

韓国人にもよく知られているAKB48

このニュースは、韓国でも大きく報じられている。