韓国の観賞マナーが今、問われている。オーケストラ会場で起きた“騒音テロ”とは?

Pocket
LINEで送る

ソウルの総合芸術施設「芸術の殿堂」コンサートホールでは去る11月19日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と韓国のピアニスト、チョ・ソンジンの公演が開かれた。
(参考記事:漫画『ピアノの森』の実写版? 主人公・一ノ瀬海とショパコン優勝のチョ・ソンジンとの共通点

世界的な評価を受けるベルリン・フィルと、韓国人として初めてショパン・コンクールを優勝したチョ・ソンジンの共演は注目を集めたが、それ以上に現在話題となっているのは、韓国人の“観賞マナー”かもしれない。

韓国メディア『聨合ニュース』が11月28日の報じた、「ベルリン・フィル公演を録音する恥…公演場は観覧マナー違反との闘い」という記事が注目されているのだ。

同記事によると、今回の公演中に恥ずかしき“大事件”が起きたという。

演奏を録音した音が流れ…

ピアノ協奏曲の第1楽章が終わった直後、1階の客席から機械音が鳴り響いた。