押井守にジブリ…あのサムスン総帥まで楽しんでいた! 韓国の日本アニメ人気

Pocket
LINEで送る

「21世紀ジャパニメーション企画展〜押井守監督展〜」ポスター
韓国の首都ソウルで今、“ジャパニメーション”(日本製のアニメーション)のイベントが多数行われている。

例えば11月25日から29日までは「21世紀ジャパニメーション企画展~押井守監督展~」が開催された。押井監督の代表作8作品を振り返るこの企画展には、押井監督も訪れてサイン会や観客との対話を行ったのだが、韓国で暮らす知人の“押井ファン”によると大いに盛り上がったらしい。

また、12月5日からはソウル世宗文化会館・美術館で「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」が開催される予定だ。

スタジオジブリの設立30周年を記念して2016年に東京・六本木ヒルズでも行われた同企画展は、当時50万2854人の入場者数を記録。大好評のうちに幕を閉じ、新潟、愛知、長崎などでも行われたが、ついに海外初となる韓国開催が決まった。

韓国でも根強いジブリ人気

スタジオジブリのアニメ映画は、韓国でも絶大な人気を博している。