まだ食べてないの!? 韓国発の大ヒット料理「チーズタッカルビ」とは?

Pocket
LINEで送る

(写真=「YOOGANEタッカルビ」HPより)

11月30日に発表された「JC・JK流行語大賞2017」で、「モノ」部門のトップに輝いた「チーズタッカルビ」。今年、日本の若い世代を再び“コリアンタウン”新大久保に引き寄せた、大ヒット韓国料理である。

そもそも「タッカルビ」というのは、韓国・春川(チュンチョン)地方を代表する郷土料理だ。

「タッ」は「鶏」、「カルビ」は「あばら骨」の意味。主に胸やももといった骨まわりの肉と野菜を、甘辛いソースをかけて鉄板の上で炒めるのだが、そこにお餅や麺を加えても美味しい。また、締めには残ったソースとご飯をチャーハン風にして食べるのが一般的な食べ方である。

今やおにぎりの具にも

そんなタッカルビにチーズを絡めた「チーズタッカルビ」が韓国で登場したのは2014年ごろ。