中国の“禁韓令”が一部解除されたが…韓国に外国人観光客は戻ってくるのか

Pocket
LINEで送る

中国政府が自国民たちに韓国への団体観光を許可しない“禁韓令”が一部解除されたという。

その4日後となる12月2日、中国人の団体観光客31人が韓国を訪れた。中国人団体観光客が韓国を訪れるのは、禁韓令発動から262日ぶりのことだ。

外国人観光客が前年比23%減の韓国

振り返れば、今年の韓国のインバウンド事業は、中国人観光客の激減によって苦しめられた。

『聨合ニュース』が「今年の外国人観光客23%減少予想」と報じているように、訪韓した外国人観光客は10月末時点で昨年比23.9%減の1111万人だ。このままいけば、年間でも前年比23.4%減になるとされている。

3月に中国が「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備と関連して“禁韓令”を出したことが大きな原因との見方が強い。

実際に今年1月~10月に訪韓した中国人は353万7632人に過ぎなかった。2016年の同期間(701万5230人)と比べると、半分ほどという激減ぶりだ。

“禁韓令”以前から「二度とごめんだ」

つまり、それほどまでに“禁韓令”の影響は大きかったわけだが、外国人観光客の減少原因を外部から探すばかりでは問題の根本的な解決はできないだろう。