25年ぶりの決断! 北朝鮮代表はなぜ外国人監督を招聘したのか?

Pocket
LINEで送る

12月8日から(男子は9日から)日本で開催されるEAFF E-1選手権。

日本、韓国、中国、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)が東アジアのトップの座をかけて争うこの大会で、ハリル・ジャパンが初戦で当たる北朝鮮代表には、特筆すべきトピックがある。

同国として25年ぶりに外国人監督を招聘したことだ。
 
昨年5月から代表を率いているのは、元ノルウェー代表のヨルン・アンデルセン監督。

現役時代には、ブンデスリーガのフランクフルトで外国人選手として初の得点王にも輝き、2015年末まではオーストリア2部のSVオーストリア・ザルツブルクを指揮していた人物だが、なぜ北朝鮮はアンデルセン監督を選んだのか。

候補には日本代表を指揮したあの監督も

アンデルセン監督の指揮を間近で見ている在日本朝鮮蹴球協会理事長で同国サッカー協会副書記長の李康弘(リ・ガンホン)氏は語る。