「YOUは何しに日本へ?」アフリカの大地で日本企業がサッカーで育む“人”と“夢”

Pocket
LINEで送る

アフリカのマラウイ共和国という国をご存知だろうか。

北はタンザニア、南はジンバブエ、西はザンビア、東はモザンビークに挟まれた国だ。国土は北海道と九州を合わせたぐらいの広さ(面積11万8000平方キロメートル)で、人口は1721万人。英語とチェワ語を公用語とし、国民の80%がたばこや紅茶、ナッツ、コーヒーなどの農業に従事している国だという。

近年はレアアースなどの鉱物資源開発が進んでいる国だそうだが、恥ずかしながら私は知らなかった。彼らに会うまでは……。

韓国料理屋で出会った2人のアフリカ人

直線距離にして東京から12万キロ以上離れているこの国の存在を知ることになったのは、東京・十条にあるタッカンマリ料理の店だった。

タッハンマリとは韓国語で“鶏一匹”という意味で、文字通り鶏一匹を煮込んだ韓国の鍋料理。そのタッハンマリを、2人のアフリカ人が美味しそうに食事をしていたのだ。

脳裏によぎったのは、人気バラエティ番組のタイトル、『YOUは何しに日本へ?』だった。韓国にもそれに近い番組があり、最近は流暢な韓国語を話す外国人タレントも増えている。
(参考記事:韓国で活躍する外国人タレントたち。彼らはなぜ、何しに韓国へ?

ただ、まさか東京北区で番組に近いシチェーションに出くわすとは思わなかった。気になって同席していた中年男性に話を聞いてみると、彼らはサッカー選手だという。

Jリーグ各クラブの練習に参加

「彼らはマラウイのプロサッカーチームである“BE FORWAD WANDERERS”の選手なんです」