「サムギョプサル寿司」に「プルコギカレー」。韓国で“現地化”する日本の外食チェーンの実態

Pocket
LINEで送る

最近、韓国で、日本食がちょっとしたブームになっているという。

韓国メディアは、「外食業界の新たなトレンド、“日本食”」(『MoneyS』)、「外食市場に“日本食”の風…ホットスポットを占領」(『ファイナンシャルニュース』)などと報じている。

韓国で人気を集める“日本食”

もっとも、人気を集めているのは、うどんや寿司といった典型的な和食だけではないらしい。

前出の『ファイナンシャルニュース』の記事は、「外食市場で“日本食”が勢いづいている」としながら、「うどん、寿司などよく目にする料理ではなく、食べ方や調理法、名前などが独特な日本の外食メニューを求める消費者が大幅に増えている」と報道。すき焼きやお茶漬け、サバの味噌煮、オムソバなどが注目されていると伝えた。

より広い意味で“日本食”が親しまれているわけだが、ブームに火をつけたのは、日本を訪れた韓国人観光客だという。

前出の『MoneyS』の記事は、「日本スタイルの外食ブームの主役は、日本で多種多様な食事を経験して日本式食文化の魅力にハマったトレンドセッターたちだ」と綴っている。

韓国観光公社と日本の観光庁によれば、今年1~10月に日本を訪れた韓国人観光客は、前年同期比416万9008人増の583万8600人に上ったという。

1カ月に平均60万人ほどの韓国人が訪日しているわけだが、日本で気に入った食べ物を韓国に帰っても楽しむという流れが生まれているのかもしれない。

それだけに気になるには、日本食レストランの実態だろう。

“韓国化”している「CoCo壱」のトッピング

そこで今回は、韓国に進出している日本の外食チェーンについて調べてみた。次ページからは、韓国店舗の特徴や利用者の感想などを一気に紹介したい。