「韓国では絶対にできない…」日本が取り組む“働き方改革”を羨む韓国の憂鬱

Pocket
LINEで送る

日本企業の取り組みを紹介した記事が韓国で話題になっている。SBSが報じた「“人口減少時代”は悪いだけか?“労働”が優遇されはじめた日本」という記事だ。

日本企業の取り組みに羨望のまなざし

同記事では、日本のヤマト運輸や佐川急便が値上げしたことや、時給2000円でも働き手が集まらないという日本の現状を紹介。と同時に、ヤマトが宅配指定時間の「昼12~午後2時」を見直して、従業員が昼休み時間を確保しやすくしたことなどを伝えている。

また、カード大手のクレディセゾンが全従業員の55%にあたる2200人の非正規社員をすべて正社員にしたことも報じている。

こうした実例を挙げながら、韓国の現状を踏まえて「日本でも高齢化と若者の減少は大きな社会問題だが、ときには人口減少時代の利点も話される」とチクリ。

そして「韓国ではいつになれば“剰余人間時代”を終えて、人間の労働が優遇されるだろうか」と締めくくった。

つまり、韓国メディアの見方はこうだ。人口減少や人手不足によって日本では労働者の待遇が上がっているが、同じく少子高齢化が進む韓国ではそのような“好転”が起こっていないということを指摘しているのである。

労働環境が改善されない韓国

韓国では意外と日本の働き方への関心が高い。