金正日・金正恩への称賛はなく新鮮だった!! E-1選手権で見えた北朝鮮サッカー強化の本気度

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
12月16日に幕を閉じたサッカーの東アジアE‐1選手権は、男子は韓国、女子は北朝鮮が優勝した。

言い古された表現であるが、朝鮮半島には昔から「東男に京女」に似た意味で、「南男北女」という言葉がある。サッカーでも、「南男北女」の現象が続いている。

私は今回、2014年の仁川アジア大会以来3年ぶりに北朝鮮の男女のサッカーを取材した。

3年前も優勝したのは男子が韓国で、女子が北朝鮮であった。

今回北朝鮮の女子は、3試合で挙げた5得点のうち、4点を挙げたキム・ユンミが強烈な印象を残したが、3年前のメンバーで残っているのは、キム・ユンミを含めごく少数。今回は16歳の選手など、10代の選手を積極的に選抜し、メンバーはかなり若返った。

北朝鮮の“本気度”と“屈辱”

北朝鮮は4月に平壌で開催されたアジアカップの予選で韓国と引き分け、予選全体の得失点差で2位となり、2019年にフランスで開催されるW杯の予選を兼ねたアジアカップの出場を逃している。

そのことがよほど悔しかったのか、今大会でもキム・グァンミン監督も、繰り返しこう語っていた。