演出をめぐるドタバタ劇も。開閉会式はどうなる?【平昌五輪ガイド⑥】

Pocket
LINEで送る

【前回】観戦に行く人必見!! 平昌の宿泊事情【平昌五輪ガイド⑤】

2020東京五輪・パラリンピック組織委員会は12月20日、開閉会式の演出を手掛ける「4式典総合プランニングチーム」を立ち上げ、山崎貴監督、音楽家の椎名林檎ら8人のメンバーを決めた。

8人が中心となって五輪とパラリンピックの計4式典を「起承転結」のストーリーでまとめ、来夏には各式典の監督を選任するという。

東京五輪の準備は着実に進んでいるようだが、開催まであと50日を切った平昌五輪はどうだろうか。

実は、平昌五輪の開閉会式の演出をめぐっては、選任と辞任を繰り返すドタバタ劇があった。

共通した辞任の理由

平昌五輪組織委員会は2015年7月、開閉会式の総監督にソン・スンファン氏を選任。