「得るものはなかった」とも…。イ・ボミのメジャー挑戦を韓国メディアはどう報じたか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTSKOREA)
(写真提供=SPORTSKOREA)

米国女子メジャー「ANAインスピレーション」に挑戦したイ・ボミ。世界ランクポイントを上げてリオ五輪の出場権を獲得するため、米国女子ツアーは5年ぶり、メジャー大会は初挑戦となった彼女は10位タイという結果を残した。

最低限の目標といえる「トップ10入り」は果たしたわけだが、韓国メディアはイ・ボミのアメリカ挑戦をどう報じたのだろうか。

まず、初日は60位と出遅れた。『聨合ニュース』は、「1ラウンドは終止、消極的なプレーを見せた」と報じている。

しかし2ラウンド目では、驚異的な猛チャージを見せる。一気に9位タイと、優勝圏内まで浮上したのだ。イ・ボミのメジャー初挑戦に関する報道で、韓国メディアが一番盛り上がったのも2ラウンド終了後だ。

2ラウンド終了後、報道が過熱!!

『Newsen』は、2ラウンドを終えたイ・ボミとの一問一答を掲載。「昨日と今日で何が違ったのか」という質問に、イ・ボミはこう答えている。