「ハリル・ジャパンに圧勝しても喜べない…」サッカー韓国代表が抱える“山積みの課題”

Pocket
LINEで送る

12月16日まで開催されたEAFF E-1選手権。韓国代表は、最終戦で日本に4-1で大勝し、大会2連覇を果たした。

ロシアW杯アジア最終予選から低迷が続き、メディアとファンからの厳しい視線にさらされていたが、長く暗いトンネルをようやく脱けたといえるだろう。

ロシアW杯アジア最終予選後に起きた“ヒディンク再登板騒動”も完全に払拭された。

(参考記事:不振の韓国サッカー界で“ヒディンク再就任”騒動が国政監査にまで発展!? 炎上の背景とは

最終戦の日韓戦直後、韓国で最も有名なフリーのサッカージャーナリストとして知られるソ・ホジョン記者も言っていた。

「2017年のラストマッチとなった韓日戦で圧倒的な逆転勝利を収め、国民が抱いていた不信感も同時に逆転させました。シン・テヨン監督は、自身の計画通りにロシアW杯まで突き進むことができる土台を作れたのではないでしょうか」

(参考記事:英雄パク・チソンも気にかける「韓国サッカーが今、直面している問題」とは?

最も大きな収穫は「プランB」

ただ、今大会では具体的な収穫もあった。ソ・ホジョン記者はこう話す。