メンバー3人が事務所を離脱した少女時代。彼女たちの先行きが不安な理由

Pocket
LINEで送る

去る10月、K-POPガールズグループ少女時代のスヨン、ティファニー、ソヒョンが所属事務所であるSMエンタテインメントを離れたことは、日本でも大きく報じられた。

「再契約しなかった3人はグループを脱退するのか」「少女時代は解散してしまうのか」と議論は絶えず、様々な憶測が飛び交ったものである。

SMエンタテインメントは、「少女時代はSMにとってもファンにとっても大切で意味のあるグループです。メンバーたちも解散はまったく考えておりません」と伝えたきり、具体的な活動方針などについては口を閉ざしている状況。

気になる3人の行く末は

ソヒョンは自身のInstagramに「今後も少女時代として私が必要なところがあれば、いつでもお姉さんたちと一緒に活動するために最善を尽くします。そして、永遠に少女時代を応援し、ともにします」と綴っており、メンバーたちもグループ解散の意思は持っていないというが、実際にSMとの契約を満了した3人がグループの活動に参加する見込みは高くないようだ。