【画像】キム・ヨナとイ・ボミだけじゃない!! 平昌五輪の“美しすぎる広報大使”たち

Pocket
LINEで送る

(写真=2018平昌五輪公式HPより)キム・ヨナ
バンクーバー五輪金メダリストであるキム・ヨナは、2011年に開かれたIOC総会で英語のスピーチを行い、開催地決定に大きく貢献。

2014年11月から平昌五輪の広報活動を行ってきた。

(写真=2018平昌五輪公式HPより)イ・ボミ
また、2011年から日本で活躍する女子プロゴルファーのイ・ボミは、広報大使の任命式で、「故郷の江原道でこんなにも大きな国際イベントを開くことになり、自負心が芽生えます。何かの役に立てるよう最善を尽くします」と語っている。

平昌のある江原道(カンウォンド)出身であることも、彼女が広報大使に選ばれた一因かもしれない。

広報大使には女子アナウンサーも数人任命されているが、特に注目されているのは、チャン・イェウォンだ。