政府関係者が市民の声に応答!! この1年間最も話題を振りまいた“国民請願”は?

Pocket
LINEで送る

韓国大統領府(青瓦台=チョンワデ)のホームページには、国民がオンラインで政府に請願できるサービスがある。

1件の請願に対して30日間20万人以上の署名が集まる場合は、長官や首席秘書官を含む政府関係者が正式に回答を示さなければならない。

米ホワイトハウスが2011年から初めた「We the People」をモチーフに、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任100日目からスタートしたものだ。

この1年間、青瓦台HPには7万件以上の国民請願が寄せられた。なかには論ずるに値しないものあるが、社会問題の解決を求める声も少なくない。

20万人もの署名が集まった請願とは

今年最も話題になったのは、「青少年保護法廃止」に関する請願だった。