韓国芸能界の事件・事故・ハプニングがまるわかり。2017年は何があったのか

Pocket
LINEで送る

安室奈美恵の引退発表に、武井咲とEXILE・TAKAHIROの結婚、『君の名は。』の新海監督の不倫疑惑、清水富美加の出家騒動などなど。振り返ればこの1年間、日本の芸能界ではざまざまなな出来事があった。

それは韓国も同じ。数多くの芸能人が時には叩かれ、心配され、祝福されたりしながら、世の中にさまざまな話題を振りまいた。

アイドル“7年目の呪い”再び

日本のファンたちを最も驚かせたのは今年10月に少女時代のメンバー・スヨン、ティファニー、ソヒョンが所属していたSMエンターテインメントを離れ、「事実上の解散」と騒がれたことではないだろうか。

日本でも高い人気を誇っていた少女時代だけに、日本でも大きく取り上げられた。

日本でも高い人気を誇っていた少女時代だけに、日本でも大きく取り上げられた。先日発表になった 「世界で最も美しい顔100人」にも少女時代の元メンバーが選ばれていることでもわかる通り、少女時代はワールドワイドなネームバリューを誇るだけに大きなニュースだった。

(参考記事:【画像あり】「世界で最も美しい顔100人」に選ばれた韓国美女を一挙公開!!

幸いなことに、少女時代はグループとしての存続を表明したわけだが、今年はWonder Girls、missA、SISTARといった人気ガールズグループが、メンバーの脱退などで解散宣言、もしくは事実上の解散に追い込まれている。

韓国芸能界に言い伝わる“ガールズグループ7年目の呪い”は今年もあったわけだ。

(参考記事:もはや魔の呪縛!! K-POPガールズグループが逃れられない“7年目の呪い”

韓国でも“ゲス不倫”はあった

また、日本では今年も芸能人たちの“不倫”が何かとワイドショーを賑わせたが、韓国でも世間の非難を浴びた“ゲス不倫”があった。