小平&高木ら日本女子スピードスケート代表たちに韓国がかなり警戒心を強めているワケ

Pocket
LINEで送る

平昌(ピョンチャン)五輪を目前に控え、俄然、注目を集めている日本の女子スピードスケート。昨年12月27日からは平昌五輪代表選考会が長野・エムウェーブで開幕し、女子500mでは小平奈緒が国内最高記録で優勝。3000mでは中距離のエース高木美帆が優勝した。

今回の代表選考会前から平昌行きがかなり有力視されていた2人のことは、平昌五輪の開催国である韓国でも以前から大きく取り上げられている。

小平が12月10日にアメリカで行われたワールドカップで世界新記録を更新した際にも、「“もはや敵なし”小平、スピードスケート1000m世界新記録」(『聯合ニュースTV』)、「小平1000m世界新記録、日本の祭りとなったスピードスケート・ワールドカップ」(『中央日報』)、「日本のスケート女子団体追い抜きが世界新で優勝…平昌を控え“恐るべき歩み”」(『SBSニュース』)といった具合だった。

『東亜日報』などは、「女子スピードスケート、時代は日本?」と見出しを打った記事で、小平や高木の成績を紹介しながら、日本の強さの秘訣を分析解説した専門家のインタビューを掲載しているほどである。

高木は韓国アイドルスケーターの敵役

ただ、そこにあるのはライバルへの警戒心だ。