新年から「禁韓令」の再発動の噂…2018年も観光客の“韓国離れ”が加速してしまうのか

Pocket
LINEで送る

新年を迎えて心機一転を図りたいところだが、韓国の観光事業の見通しは暗い。

韓国観光公社によれば、2017年11月30日までに訪韓した外国人観光客は1220万1690人。9カ月連続の減少となった11月も、訪韓した外国人観光客は前年同月比16.5%減となっている。

特に中国人観光客は42.1%減と大きく下落した。

「二度とごめんだ!!」中国人観光客が大幅に減少

中国人観光客の減少が目立つが、2年ほど前から中国人観光客が「もう二度とごめんだ!!」ともらしていたという意見もあり、そういった影響が表面化したところもあったのかもしれない。

(参考記事:「もう二度とごめんだ!!」 中国人観光客が韓国にガッカリする理由とは

ただ、間違いなく影響が大きかったのは、中国が団体客の韓国旅行を禁止した“禁韓令”に他ならないだろう。

昨年11月末に“禁韓令”は一部解除され、中国人の団体観光客が再び韓国を訪れるようになった。しかし、「禁韓令解除からひと月、中国団体客は帰ってこなかった…以前として寒い流通業界」(『アジア経済』)という記事で解説されているように、「実際の市場の体感温度は未だに氷点下」のままだという。

たしかに禁韓令は一部解除となったのだが、中国人観光客の出発地は北京と山東の2カ所に限定されており、さらにチャーター機やクルーズ船、オンライン観光商品の販売禁止などは依然として続いており、「中身のない禁韓令解除」(『朝鮮日報』)だったという。

韓国にさらなる追い打ちが!?

気になるのは、こうした中国からの観光客激減だけではなく、韓国を訪れる外国人観光客が全体的に減少していることだろう。