「最初は別の日本人FWを狙っていた」豊田陽平のKリーグ移籍・韓国裏事情を現地記者が明かした

Pocket
LINEで送る

サガン鳥栖の豊田陽平がKリーグの蔚山現代に移籍することが決まった。1月3日から12月31日までの期限付き移籍となるという。

豊田の移籍については、韓国メディアも「蔚山現代、元日本代表の豊田陽平を獲得」(『聯合ニュース』)、「蔚山現代、Jリーグ得点王にもなったFW豊田陽平を獲得」(『イーデイリー』)などと報じている。

豊田のKリーグ進出は、実際は韓国でどう受け止めてられているのか。

現地メディアの本音を探るべく、韓国で最も有名なフリーのサッカージャーナリストとして知られるソ・ホジョン記者に話を聞いた。

当初はあの日本人選手が候補だった

「そもそも蔚山は、エースストライカーのイ・ジョンホを怪我で欠いています。FAカップの決勝戦第2戦で左足脛骨を骨折したイ・ジョンホは、来年4月以降にようやく復帰できる見込み。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグにも出場できません。

そのため蔚山は、冬の移籍市場でストライカーに焦点を合わせ、イ・グノなど韓国人選手の獲得に乗り出しましたが、うまくいきませんでした。そこで狙いを定めたのが、アジア枠で獲得できる日本人FWだったのです」

もっとも、Kリーグで日本人選手がプレーすることは珍しいことではない。

2001年に海本幸治郎が城南一和(現・城南FC)に入団して以来、多くの日本人選手がKリーグでプレーしており、アジア枠が導入された2009年からは、その数はさらに増えている。

(参考記事:“多国籍化”が進む韓国Kリーグに日本人選手はどれだけいるのか

候補に挙がっていた日本人選手とは?

そんななかで白羽の矢が立ったのが豊田だったというわけだが、もともとは別の日本人選手が候補に挙がっていたらしい。