「最初は別の日本人FWを狙っていた」豊田陽平のKリーグ移籍・韓国裏事情を現地記者が明かした

Pocket
LINEで送る

(写真=蔚山現代FC公式HP)豊田陽平
「当初はヴィッセル神戸のハーフナー・マイクと交渉していましたが、本人のプライベートな問題で契約が見送られ、蔚山は豊田に方向転換したのです。ハーフナー・マイクも豊田も、日本人選手としては身体能力の高い選手。当たりやプレッシャーの強いKリーグのディフェンスにも負けないFWを探していたのでしょう。

実際に蔚山は、キム・ドフン監督が直接、電話で豊田を説得するほどの本気度を見せました。一方で豊田も、環境を変えて昨季の不振を挽回したいという思いがあり、移籍を決断したのではないでしょうか」

つまり、蔚山と豊田の思惑が合致したからこそ今回の移籍は成立したというわけだが、近年はKリーグの観客数も減り続けているだけに、豊田が蔚山でプレーすることは韓国サッカー界にとってもメリットが大きいという。

「個人的には、豊田ほどのネームバリューがある日本人選手がKリーグに来ることを歓迎したいです。豊田は、これまでKリーグでプレーした前園真聖、戸田和幸、高原直泰、エスクデロ競飛王、家長昭博、高萩洋次郎などに比肩するレベルの選手だと思いますから。

また、最近は韓国の良い選手たち、特にGKが数多くJリーグに渡っていますが、豊田が韓国にやってくることで、日韓の選手の交流もさらに深まるのではないでしょうか」

(参考記事:元アビスパ福岡イ・ボムヨンが韓国メディアに語った「韓国人GKのJリーグラッシュ」の是非

ロールモデルにするべき選手は高原と高萩

豊田に対する期待の高さがうかがえるが、日本と韓国では環境が大きく異なるのも事実だ。言語や生活習慣はもちろん、サッカースタイルも日本とは違う。