不買運動も効果なし… 韓国で“慰安婦コンドーム”がまさかの売上1位に

Pocket
LINEで送る

実は2006年に韓国の市民団体などがオカモトを戦犯企業に規定してから、何度か不買運動が行われていたが、さほど効果はなかった。

一部のドラッグストアはその影響でオカモトコンドームの販売を中止しているが、肝心の3大コンビニは全く動じず、むしろ「不買運動などの騒ぎは時間が解決してくれる。社会的問題として大きく取り上げられない以上、コンビニ側が自発的に販売しない理由は無い」と言う関係者もいるほどである。

慰安婦問題をめぐって日韓関係が冷え込んでいるいま、はたしてオカモトのコンドームは韓国でどうなるか。

今後の動向を引き続き注目したい。

(参考記事:不信感が広がっている韓国の国民年金。今度は「日本の戦犯企業」に投資して信用ガタ落ち!?

(文=S-KOREA編集部)