「日本は自信にあふれている。今の状態で対戦したら韓国は・・・」日本対アフガニスタン戦を見た韓国記者の“目”

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA Photos)
(写真提供=FA Photos)
「日本、アフガニスタンを完破・・・アジア予選無失点行進」(ネットメディア『MKスポーツ』)、「日本、アフガニスタンに5-0の完勝・・・組1位での最終予選は“確実”」(サッカーメディア『Interfootball』)、「“5ゴールの火力ショー”、日本、アフガン大破で予選6連勝・先頭を疾走」(ネットメディア『STAR NEWS』)。

これらは3月24日に行われたロシアW杯アジア2次予選・日本代表対アフガニスタン代表の結果を受けて、韓国メディアが報じた記事のタイトルだ。そのほとんどが日本の順当な勝ち上がりを報じる論調で、一般紙『中央日報』サッカー班のソン・ジフン記者もこう語る。

「韓国のネット動画で日本対アフガニスタン戦のダイジェスト映像を見ましたが、現在の日本代表の特長がよく現れた試合だった。本田ら主力を温存しても今の日本は、アジア・レベルならどこを相手にもして十分に勝てる。“最低でも負けることはない”という自信を選手全員が持っていると感じさせる試合だった」

韓国人記者が評価したのは意外な選手

韓国メディアが注目するのは、前半終了間際に決まった岡崎慎司の先制点だ。『Interfootball』も「前半から高いボール占有率で相手を圧倒した日本は、相手陣営での短いパス回しと連携でチャンスを作ったが、決定的な場面で力みすぎた。が、日本には岡崎という解決士がいた。それまでの苛立ちを一気に解決してくれる左足のゴールだった」とし、ソン・ジフン記者も「現在、ヨーロッパでプレーするアジア出身アタッカーとしてもっとも優れた質の高さを示した」と評価する。

ただ、ソン・ジフン記者がアフガニスタン戦で注目したのは攻撃面よりも守備だったという。