本当の歴史を知れば10倍ドラマがおもしろくなる!? 韓国時代劇『六龍が飛ぶ』の場合

Pocket
LINEで送る

韓国時代劇『六龍が飛ぶ』
テレビ東京では昨年12月14日の朝8時15分から、韓国時代劇『六龍が飛ぶ』の放送(毎週月~金)が始まっている。

高麗末期から朝鮮王朝へと移り変わる王朝交代期を描く同作は、全65話の大作。朝鮮王朝建国の祖・李成桂(イ・ソンゲ)、その右腕・鄭道伝(チョン・ドジョン)、朝鮮王朝3代王となる李芳遠(イ・バンウォン)などの実在人物と、個性豊かな架空のキャラクターが登場する。

俳優陣も豪華で、ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョンなどが主演しており、韓国では最高視聴率17.3%を記録した。

韓国の時代劇を楽しむうえでオススメなのは、史実の知識を知っておくこと。ドラマでは描かれきれていない歴史背景や人物関係を知ると、作品鑑賞にぐっと深みが増すからだ。

特に『六龍が飛ぶ』には、史実の人物と架空の人物が登場するだけに、歴史人物の実像を知っておくと、違いと共通点を楽しむこともできる。

ハングルを作った偉大な王の父親

まず、本作でユ・アインが演じているイ・バンウォンは、朝鮮王朝第3代王・太宗(テジョン)だ。