まずは『Mother』が口火を切る!! 今年、韓国でリメイクされる日本のドラマ&映画とは?

Pocket
LINEで送る

1月10日から日本テレビ系列で始まったドラマ『anone』。主演の広瀬すずもさることながら、脚本を手掛けるのが坂元裕二ということで話題だが、その坂元裕二のもうひとつの作品が今、韓国でちょっとした注目を集めている。

2010年春に日本テレビで放送された、松雪泰子、芦田愛菜主演の『Mother』が来る1月24日から、韓国のケーブル局「tvN」にてリメイク版として放映開始されるのだ。

韓国でも高い人気を誇る日本のドラマ

近年、韓国で日本ドラマのリメイクが増えていることは以前もお伝えしたが、なかでも『Mother』は“名作中の名作”といわれるほど韓国でも高い人気を誇った作品である。

韓国のポータルサイト「NAVER」で検索してみると、「人はもちろん、獣や宇宙人も泣かせるレジェンド作品」「私の人生で一番といえるドラマ」「韓国では絶対作れない名作」との紹介文が出てきた。

(参考記事:何かと日本を意識する韓国テレビ業界がそれでも日本ドラマをリメイクしたがる理由

ただ、原作が人気だからといって、リメイク版の成功が保証されるわけではない。

あのドラマも韓国でリメイクされたが…

これまでも『のだめカンタービレ』『深夜食堂』『最後から二番目の恋』など、数多くの日本ドラマがリメイク放送されたが、ヒットした作品はほんのわずか。