まずは『Mother』が口火を切る!! 今年、韓国でリメイクされる日本のドラマ&映画とは?

Pocket
LINEで送る

現在予定されている作品は映画では『Love Letter』『人狼 JIN-ROH』『ゴールデンスランバー』『いま、会いにゆきます』、ドラマでは『リッチマン、プアウーマン』『空から降る一億の星』など。奥田英朗の小説『空中ブランコ』も映画化される。

(参考記事:【スクリーン・コリア】韓国で映画化された日本の原作小説・ドラマの“本当の評判”と成績表

一方で、日本では3月からフジテレビNEXTライブ・プレミアムにて韓国ドラマ『記憶』のリメイク版が放送されるし、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』の日本版『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が年内に公開予定だという。

ますます深まる日韓のリメイク交流。まずは、今年一発目となる『Mother』の出来栄えに注目が集まるところだ。

(文=慎 武宏)

■「ドラマ」注目記事
中島裕翔の主演ドラマ『HOPE』に対する韓国ファンの賛否両論
「ついにハマり役来た!!」日本ドラマのリメイク版に出演するBoAの演技が大好評
ドラマ『逃げ恥』に感情移入せざるを得ない韓国若者たちのリアル