プレミア好きな韓国ファンも高く評価!! 「岡崎慎司は“アジアのテベス”だ!!」

Pocket
LINEで送る

日本同様に海外リーグへの人気と関心が高い韓国。特にプレミアリーグの人気は絶大だ。2005年にパク・チソンがマンチェスター・ユナイテッドに移籍したことを機に、韓国ではイ・ヨンピョ(トッテナム)、ソル・ギヒョン(レディング)、イ・ドングッ(ミドルスブラ)、キム・ドゥヒョン、(WBA)、チョ・ウォンヒ(ウィガン)、パク・チュヨン(アーセナル)、チ・ドンウォン(サンダーランド)、ユン・ソギョン(QPR)、キム・ボギョン(ウィガン)らがイングランドに挑戦し、現在もキ・ソンヨン(スウォンジー)、イ・チョンヨン(クリスタル・パレス)らがプレミアリーグでプレーしている。

プレミア人気が根強い韓国

そんなプレミアリーグに“次世代エース”ソン・フンミン(トッテナム)が進出したこともあって、韓国のプレミア人気はさらに盛り上がっている。韓国は9月26日から29日まで年に一度の大型連休である“秋夕(チュソク)”シーズンにあったが、26日に行なわれたトッテナム対マンチェスター・シティの一戦はケーブルテレビ局『SBSスポーツ』での生中継だったにもかかわらず、3.17%の視聴率を記録した。「スーパーマッチ」「韓国版クラシコ」と呼ばれるKリーグのFCソウル対水原三星の試合(9月19日)が国営放送KBSでの生中継でも1.7%だったことを踏まえると、韓国でのプレミア人気がかなり高いことがわかるだろう。

そんな韓国のメディアやファンたちは、今季からレスターに移籍した岡崎慎司をどう見ているのか。

6月に移籍が発表された当時は、「岡崎慎司、レスター行き」と各メディアが一斉に報じた。マインツでク・ジャチョル、パク・チュホとチームメイトだった岡崎は韓国のファンたちの間でも広く知れられており、「ついにEPLに行くのか。活動量もよく本当に一生懸命プレーし、勝負根性がある選手」「日本の選手の中でも好きな選手」とツイートするファンも多かった。サッカー専門メディア『FOOTBALLIST』などは、「短所ない岡崎、英国でも通じるはずだ」というコラムも掲載されたほど。

その中で記事はこう評価していた。