約19万円のワンピースが話題!! 韓国ゴールデンディスクアワード最終日のあれこれ

Pocket
LINEで送る

1月11日、「第32回ゴールデンディスクアワード」の音盤部門の授賞式が行われた。

2日目にして最終日だったこの日は、防弾少年弾、SUPER JUNIOR、EXO、少女時代テヨン、TWICE、BLACKPINK、GOT7、SEVENTEENなど、人気K-POPアイドルたちが勢揃い。

1986年から始まった韓国大衆音楽界における伝統あるアワードなだけに、誰もが意気揚々とレッドカーペットを歩いていた。

【画像あり】約19万円のワンピースが話題!! 韓国ゴールデンディスクアワード最終日のあれこれ

故ジョンヒョンの追悼ムード続く

大賞に輝いたのは、BTSこと防弾少年弾。2014年に新人賞を受賞してから3年連続で本賞を受賞し、ついに大賞の快挙を成し遂げた。

昨年リリースされたミニアルバム『LOVE YOURSELF 承 ‘Her’』は、その売り上げが“韓国版ビルボード”GAONチャート史上最多となる149万枚を記録。

加えてアメリカのビルボードチャートで6週連続ランクインし、日本オリコンでも初登場1位を記録している。昨年は防弾少年弾にとって飛躍の1年だったと言っても過言ではなさそうだ。

本賞には、TWICEの『twicetagram』をはじめ、EXOの『THE WAR』、SUPER JUNIORの『PLAY』、少女時代『Holiday Night』、テヨンの『My Voice』など、11組のアーティストによるアルバムが選ばれた。

この日も故ジョンヒョンの追悼ムードが続く中、本賞を受賞したSUPER JUNIORは「永遠にジョンヒョンを記憶してほしい。SHINeeのメンバーたちが笑顔を取り戻せるように応援してください」と、コメント。

また、ソロ歌手のイ・ハイは、ジョンヒョンに作詞・作曲してもらった自身のヒット曲「BREATHE」を歌うことで故人を追悼したが、感情が込み上げたあまり2〜30秒ほど歌声が途切れてしまう一幕もあった。

19万円相当のワンピースが話題に

そして、1日目とはまた違うアイドルたちの衣装も話題に。特に注目を集めたのは、BLACK PINKのメンバー、ジェニーだ。

彼女は体のラインがくっきり出るタイトなワンピースを着てステージに立ったのだが、このワンピースはBalmain(バルマン)というブランド品で、価格は19万円相当。

ネット民からは、「余分な肉が一切ないね。服も高級だし、全身からも高級感が溢れ出る」「とてもじゃないけど一般人には着こなせないだろう」「キラキラしてるよ」という声が寄せられた。

ここで、2日目の授賞式に出席したK-POPアイドルたちの姿を見てみよう。

(写真提供=SPORTS KOREA)少女時代テヨン
(写真提供=SPORTS KOREA)SUPER JUNIOR
(写真提供=SPORTS KOREA)EXO
(写真提供=SPORTS KOREA)防弾少年弾
(写真提供=SPORTS KOREA)TWICE

(文=S-KOREA編集部)