センター試験の一方で日本の大学を悩ます「2018年問題」。韓国も解決が急務だが…

Pocket
LINEで送る

先日終了した大学入試センター試験。今年の志願者数は前年度よりも多い約58万3000人強だそうだが、少子高齢化が進む日本には大学の「2018年問題」があるという。

今年、大学進学者が減少に転じると予測されているからだ。

文部科学省などによると、18歳人口は1995年の205万人から下降し、2014年には118万人にまで減少。その後は119万~120万人だったが、今年は118万人と再び減少に転じるらしい。要するに、2018年を機に大学に入る人が減っていくということだろう。

そんな日本の現実は、「日本“学生がいない”少子化の余波で大学の40%が定員割れ」(『世界日報』)などと、韓国メディアも報じていた。

「地球上で真っ先に消え去る国は韓国」

それは韓国も同様の問題を抱えているせいかもしれない。