日本のマンガアプリ市場で注目されるウェブ漫画で日韓コラボレーションなるか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=STORY COMPANY)「日韓漫画公募展」
『comico』や『ピッコマ』『XOY』といった漫画アプリの普及で、日本でもファンを増やしつつあるウェブ漫画“ウェブトゥーン”。その世界で今、面白い試みが行われている。

J:COMの子会社で映画・映像事業を展開する「アスミック・エース(Asmik Ace, inc. )」と韓国の映画配給会社「SHOWBOX」など、日韓の4社が共同主催する 『第1回 ワールドワイド ウェブトゥーン&コミック コンテスト』(Worldwide Webtoon & Comics Contest 2018)というもので、映像化を目的としたウェブ漫画原作を公募・製作しようという試みだ。

韓国では「ウェブトゥーン」(WebとCartoonの組み合わせ)というウェブ漫画が紙の漫画を追い越して久しい。

一般的な漫画とは違ってページ割りがなく、縦スクロールとフルカラーという特徴からスマホに適しているため、あのYoutubeに並ぶ人気コンテンツとして君臨するようになったのだ。

(参考記事:日本の漫画とは違う…!? ここ数年で急成長した韓国ウェブトゥーン業界の事情

世界80カ国で同時連載!?

ウェブ漫画への需要が高まるにつれ、斬新で独創的な作品を探そうとする動きも以前より増している。そんななかで始まった公募展の特長といえるのは、“国籍を越えた作品の制作”を目指しているというところだ。