文在寅大統領への「誕生日お祝い広告」は是か非か…支持者たちが自腹を切って各地に掲載

Pocket
LINEで送る

総理大臣や大統領の誕生日は、よっぽどでない限り気づかないまま過ぎるものだろう。

しかし、去る1月24日に65歳の誕生日を迎えた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に限っては、そうでもないようだ。

最近、ソウル市内を走るいくつかの地下鉄駅構内では、「1953年1月24日、韓国に月が出た日」というコピーと文在寅大統領の大型写真をよく見かけるようになったという。いわゆる「誕生日お祝い広告」の文在寅大統領版が登場したのだ。

文在寅大統領の「誕生日お祝い広告」を報じる韓国メディア
名字がムン(MOON)であることから、支持者の間ではよく月(MOON)に例えられる文在寅大統領だが、誕生日を“月が出た”と表現したところには支持者の愛情が伝わってくる。

文在寅大統領がアメリカの『タイム』誌の表紙を飾ったときも大フィーバーだったが、今回もそれに近い愛着を思わせる。

(参考記事:文在寅大統領が表紙を飾った米国「タイム誌」がバカ売れ中!! その表紙に隠された秘密とは?

そもそも「誕生日お祝い広告」とは

そもそも誕生日のお祝い広告は、主に芸能人(特にアイドル)の誕生日を祝うためにファンが自発的に行うイベントである。