韓国が長らく抱えてきた「先進国最低レベル」の“3大問題”は改善するか

Pocket
LINEで送る

安倍首相の出席や南北合同入場など、平昌五輪にまつわる報道で何かと注目を集めている韓国。その一方で韓国は、長らく抱えてきた“3大問題”を解決すべく、本格的に動き出した。

韓国が抱える3つの問題とは、ずばり「自殺」「交通事故」「労働災害事故」による死亡者数だ。

ヘル(地獄)朝鮮と呼ばれる理由にも

2016年の各数字を見ると、自殺者数は1万3092人、交通事故の死亡者数は4292人、労災による死亡者数は969人となっている。計1万8353人が3つの問題で命を落としており、この数字は「OECD最下位圏」(『聨合ニュース』)だという。

韓国の若者たちは自国を“ヘル朝鮮”と揶揄したりしているが、その理由のひとつにも含まれている。
(参考記事:自国を“ヘル朝鮮”と揶揄する韓国の若者たち…彼らはなぜ絶望しているのか

そんな現状を打開すべく韓国政府は1月23日、「国民の生命を守る3大プロジェクト」を発表。2022年までに自殺者、交通事故死亡者、労災事故死亡者をそれぞれ50%に減らすという目標を掲げた。

自殺対策の予算は日本の40分の1

まず自殺に関しては「自殺予防国家行動計画」を実行し、2012~2016年の自殺者7万人の自殺原因や地域別傾向などを精密分析。