BIGBANGのSOLの場合はどうなる? “現役アイドルの結婚”は韓国のほうが寛容?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)SOLと結婚するミン・ヒョリン
昨年6月にNMB48のメンバーだった須藤凜々花が結婚を発表した際にも、両者の反応は対照的だった。

日本では現役アイドルの電撃結婚発表はさまざまな波紋を呼んだが、韓国ではファンたちも動揺しつつ、「何を騒いでいるんだ。アイドルが結婚しちゃダメなのか?」「そもそも恋愛禁止が理解できない。日本のアイドル文化は奇妙だよ」といった意見も多かったのだ。

【参考記事】「日本のファンは異常」AKB48総選挙での“結婚宣言”を見る韓国メディアとファンの視点

SOLと須藤凜々花では男女の違いがあり一概にはいえない部分もあるが、韓国のほうが現役アイドルの結婚に寛容なのかもしれない。

それにSOLの場合は、甘い新婚生活ばかりが待ち受けているわけではない。1988年5月生まれのSOLは“兵役タイムリミット”が迫っており、挙式後には兵役に行くことが濃厚視されている。

【参考記事】【まるっとわかる韓国の兵役】入隊時期を延期できる2つの制度と服務期間

本人もそれを自覚しており、1月11日に放映されたバラエティ番組内で「(軍隊生活は)人生の第2幕を迎えるための準備段階」とし、「しっかり準備して、カッコよくやり遂げ、もっとカッコいい男として人として、成長してみせます。それをいつか音楽で表現し、みなさんにお伝えしたい」と、決意を語っている。

BIGBANGも次々に兵役か

BIGBANGはすでにT.O.Pが兵役を再開。