韓国のスポーツ参加率を変えてしまったグラマラスな“マッスル美女”たち

Pocket
LINEで送る

(写真提供=(株)SPOMAX(MUSCLE MANIA KOREA))イ・ヨンファ
平昌五輪の開幕が迫るなか、韓国で興味深いデータが明らかになった。韓国の人々が日常的にどれだけスポーツをしているかというデータだ。

韓国の文化観光部(日本の文部科学省に相当)が1月31日に発表した「2017年国民生活体育・参与実態調査」がそれであるが、その調査結果が興味深い。

女性たちのスポーツ実施率を高めた“マッスル・ブーム”

韓国では国民の59.2%が、週に1度、1回30分以上の割合で何かのスポーツをして汗を流している。日本のスポーツ庁も同じようなデータを発表しているが、日本は2016年11月の世論調査で成人の週1回以上のスポーツ実施率は42.5%だった。

韓国の調査は満10歳以上の9000人を対象に世帯訪問を通じた面接調査なので日本とは単純比較はできないが、韓国のスポーツ実施率が高いことがわかる。2014年の実態調査では55.1%。3年前よりも高まっている。

しかも、注目すべきことは女性のスポーツ実施率が高まっているというのだ。

男性の実質率は60.1%と2016年の62.3%よりも下落したが、女性は56.7%から58.4%に上昇したという。特に30代女性たちの生活体育への実施率は62.5%と高く、2016年の同調査時よりも7.7%も高まっていることがわかったのだ。

2016年といえば、韓国で“マッスル・ブーム”が盛り上がり始める時期だ。

“奇跡のDカップ女神ボディ”ユ・スンオクも、その年の1月にバラエティ番組に出演したことを機に人気がブレイクした。

以降、レイヤン、チェ・ソルファ、イ・ヨンファなど数多くの“マッスル美女”たちがテレビや雑誌に引っ張だこになった。

(参考記事:韓国メディア選定!! 「2016年に輝いたマッスル・クイーンTOP10」は誰だ!?

ボディビルが人気スポーツの第3位に

メディアが注目したのは、彼女たちのムダのない筋肉もさることながら、グラマラスな胸元やくびれ、スラリと伸びた脚線美などだ。