「かわいすぎませんか」との話題も。国籍を“韓国”に変更して平昌五輪に挑む選手たち

Pocket
LINEで送る

いよいよ明日、開幕する平昌五輪。

現地でも五輪ムードが高まっているが、開催国の韓国代表に、今大会のために韓国籍を取得した選手が大勢いることをご存じだろうか。

「かわいすぎませんか?」と話題の選手も

その数、実に18人。韓国代表選手団144人のうち、12.5%が元は外国国籍出身選手となる。

つまり、韓国代表の10人に1人以上が新たに“韓国籍を取得した選手”となるわけだが、これは夏季・冬季五輪を合わせ、韓国史上最多となる人数だ。

日本ではあまり起こらない「薬か、毒か」論争も起きたが、開幕を目前に控え、今やそのような賛否もなくなった。

(参考記事:彼らの存在は薬となるか、毒となるか。韓国で急増する帰化選手に賛否両論

種目別に見ると、最も多い男子アイスホッケーが7人。そのほか、バイアスロン(4人)、フィギュアスケート・アイスダンス(2人)、スキー(2人)、リュージュ(1人)となる。

南北合同チームが結成され、国内外で注目を集めている女子アイスホッケーの韓国代表にも、美女選手として話題を呼んでいるキャロライン・パクをはじめ、4人の外国籍出身選手が所属している。

(参考記事:【画像あり】「かわいすぎませんか?」アイスホッケー南北合同チームの帰化選手、キャロライン・パクとは

また、出身国の内訳は、8人のカナダが最多で、米国(5人)、ロシア(3人)、ノルウェー(1人)、ドイツ(1人)と続いている。

韓国に外国出身選手が多い理由

そもそも韓国は、平昌五輪に向けて戦略的に外国人選手を迎え入れてきた。