高梨沙羅に挑む韓国初の女子スキージャンプ代表、パク・ギュリムの実力は?

Pocket
LINEで送る

『NAVER』平昌五輪 TEAM KOREAインタビュー動画キャプチャ
アスリートたちの熱い戦いが繰り広げられている平昌五輪。

本日12日は、スキージャンプ女子ノーマルヒル個人の決勝が行われる。

日本では、エースの高梨沙羅が注目されているが、開催地・韓国でも、関心を集めている選手がいる。

同種目の女子選手として唯一、今大会に出場しているパク・ギュリムだ。

韓国史上初の女子代表選手

パク・ギュリムは、女子スキージャンプ史上初めての韓国代表選手。五輪に出場する女子選手も彼女が初めてだ。

しかも彼女は、開催国枠を与えられていながら、自力で出場権を勝ち取ったのだが、その理由についてパク・ギュリムはこう話している。