歪んだ愛情が爆発…!! 韓国アイドルたちの悩みの種、“サセン・ファン”暴走事件簿

Pocket
LINEで送る

芸能人を支え、応援するファン。人気商売でもあるアイドルやスターにとってファンは頼もしくありがたい存在だが、公式行事だけではなく、私生活まで追いかけ回す度を超した一部の熱狂的なファンの行動は、悩みの種だ。

ストーカー行為と呼んでもいいほど執拗なファンを、韓国では“サセン・ファン”と呼ぶ。「スターのサセンファル(私生活)を追いかけ回すファン」という意味で、サセン・ファンの暴走は尋常ではない。

所属事務所や公演会場、撮影現場にテレビ局はもちろん、美容院、レストラン、飲み屋に自宅まで、お目当ての芸能人が出没する場所には何時間も“出待ち”するのは基本中の基本だ。

芸能人が移動すれば、1回10万ウォン(約1万円)、一日貸切で30~40万ウォンが相場とされる追っかけ専門の“サセン・タクシー”に乗って、カーチェイスも辞さない執拗さで追いかけ回す。

つまり、日本でいう“追っかけ”だが、韓国のサセン・ファンはもっと激しい。

ここで、韓国サセン・ファンによる事件を振り返ってみよう。

公演中に”拉致未遂”の危機に…「少女時代」