数えで50歳になった“アジア最高のリベロ”は今、どこで何を託されているのか

Pocket
LINEで送る

(写真提供=FA photos)
本日2月12日は韓国サッカー界の英雄ホン・ミョンボの誕生日である。

韓国では“永遠のリベロ”、日本では“アジア最高のリベロ”とも呼ばれるホン・ミョンボは1969年2月12日にソウルで生まれたので、今日で満49歳。現在も数え年を使うことが多い韓国的にいえば、今年で50歳となる。

若いサッカーファンの間でホン・ミョンボというと、監督の印象のほうが強いかもしれない。

2012年ロンドン五輪の男子サッカー3位決定戦では関塚ジャパンの前に立ちはだかり、2014年ブラジルW杯では韓国代表の監督に。2015年から約1年半、中国でも采配を振るっている。

(参考記事:容赦なき抹殺批判乗り越え中国で再起したホン・ミョンボ。決断を後押した元日本代表監督とは?

ただ、1993年のJリーグ創設時からのサッカーファンからすると、「あのホン・ミョンボが50歳?」だろうか。

日韓のサッカーを熟知している人物

それだけ月日が流れたわけだが、振り返るとホン・ミョンボほど韓国と日本を熟知している人物はいないかもしれない。