韓国で一番人気がある日本の野球マンガは『H2』!! でも『タッチ』は微妙なワケ

Pocket
LINEで送る

x9788925283111
日本では同氏の『タッチ』に次ぐ代表作というイメージだが、どうやら韓国では『タッチ』よりも有名かつ人気らしい。

というのも、韓国では『タッチ』より『H2』が先に発売されている。『H2』であだち充の世界に触れた韓国ファンは、以後発売された『タッチ』には若干の抵抗感を示したそうだ。読む順番が違うだけでここまで評価が変わるとは、不思議なものである。

現在、韓国の大衆文化をリードする著名人の中には、『H2』を愛してやまない人が多数。韓国で大ヒットを記録したドラマ『応答せよ』シリーズの作家とプロデューサーは、「青春の物語を作るのにあたって『H2』を参考した。また、知らず知らず影響されたところもあるはず」と明かしている。

また、韓国のロックバンド・デリースパイスは、『H2』の内容をモチーフにした『告白』というオマージュ曲を発表。人気作曲家ユ・ヒヨルも、『H2』を読んで感動したそうで、その感想を『夏の日』という歌で表現している。

2人のヒロイン、人気はどっちが上?

韓国のファンからは「野球組織と感情、葛藤の描き方が『タッチ』より垢抜けている」との感想が寄せられるが、そこで気になるのは、古賀春華と雨宮ひかりのどちらの人気が高いかという点。