映画『エターナル』のイ・ジュヨン監督が語る俳優イ・ビョンホンと韓国映画の現状

Pocket
LINEで送る

韓国の人気俳優イ・ビョンホンが主演した映画『エターナル(原題:シングルライダー)』が、2月16日から日本で公開される。同作品は昨年2月に韓国で公開され、さまざまな意味で反響を呼んだ作品だ。

イ・ビョンホンといえば、今やハリウッドでも活躍するワールドスター。2016年2月の第88回アカデミー賞授賞式では、韓国人俳優として初めてプレゼンターも務めている。

昨年はアル・パチーノと共演したサスペンス『ブラック・ファイル』、デンゼル・ワシンシン、クリス・プラットら豪華俳優陣と肩を並べた西部劇『マグニフィセント・セブン』など2本のハリウッド映画と、カン・ドンウォン、キム・ウビンらとしのぎを削り合った韓国映画『MASTER』が日本で公開。韓国でも歴史大作『南漢山城』が上映され大好評だった。

そんなイ・ビョンホンが「シナリオを読んで即決した」という映画が『エターナル』である。一瞬にしてすべてを失った男が、オーストラリアで暮らす家族のもとを訪ねるが、そこで衝撃の事実を知り、人生の決断を迫られる人間模様を描いたドラマだ。

このシナリオを執筆し自らメガホンをとったのがイ・ジュヨン監督だ。

(写真提供=HARK)イ・ジュヨン監督
『エターナル』で長編作品デビューとなったイ・ジュヨン監督は、どんな思いで作品を作り上げたのか。

日本公開に先立ってメディア取材のため来日したイ・ジュヨン監督に話を聞いた。

「脚本のベースになっているのは、失敗」

――まずは、『エターナル』の日本公開を控えての感想をお聞かせください。