ソウル発!! 日本の小説や漫画が韓国で続々と映画化、“リメイク”されている!!

Pocket
LINEで送る

平昌五輪の話題で盛り上がる韓国だが、映画界でも何かと話題が多い。

2月14日からは注目の映画が全国ロードショウになった。『ゴールデンスランバー』がそれだ。

韓国で映画化された日本の人気小説

同作は伊坂幸太郎による小説『ゴールデンスランバー』が原作。日本でも堺雅人、竹内結子、香川照之などの豪華キャストが集結し、興行収入11億5000万円を記録した2010年のヒット作となったが、そんな『ゴールデンスランバー』が韓国でもリメイクされたのだ。

映画『ゴールデンスランバー』
これまでも韓国では日本の小説が映画化されてきたが、今回の『ゴールデンスランバー』への期待は大きい。

(参考記事:韓国で映画化された日本の原作小説・ドラマの“本当の評判”と成績表

例えばそのキャストだ。光化門(クァンファムン)で起きた大統領候補者暗殺事件の犯人に仕立て上げられた男の逃亡劇を描く韓国版は、映画『超能力者』『MASTER マスター』で知られるカン・ドンウォンをはじめ、ハン・ヒョジュ、キム・ウィソンなど演技派俳優が勢揃いとなっている。

そのカン・ドンウォン自らが『ゴールデンスランバー』のリメイクを強く熱望したということも興味深い。

「原作小説を読んだ7年前、韓国でも映画化されればいいなと思った」とは、制作発表会でカン・ドンウォンが明かした制作秘話だが、韓国では日本の小説が広く読まれていることを示すエピソードともいえるだろう。

(参考記事:『君の名は。』韓国語版原作小説も売れ行き好調!! 韓国における日本文学の立ち位置は

韓国風にローカライズ(現地化)されている

この『ゴールデンスランバー』だけではなく、今月は日本映画をリメイクした映画がもう1作公開を控えている。