脱北者もいた韓国女子アイホ代表…スマイル日本と対戦する“南北合同チーム”の実力は?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)北朝鮮のアイスホッケー選手
本日2月14日に行われる平昌五輪の競技で韓国はもちろん、日本でも注目を集めそうなのは女子アイスホッケーの予選リーグ、“コリア”対日本の対決だろう。

南北合同チームとスマイル・ジャパンの一戦に関しては、現地でもかなり注目度が高い。チケットはすでに入手困難だと聞く。

数カ月前にはまったく予想できなかったことだ。昨年2月にギャラップ社が行った平昌五輪に関する世論調査で、女子アイスホッケーに対する韓国人の関心は3%に過ぎなかった。

それが先月の調査では21%にまで跳ね上がったというのだから、南北合同チーム結成の効果であることは間違いないだろう。最近はキャロライン・パクのようにキュートなルックスが話題になるアイドル的存在にも注目が集まっている。

(参考記事:「かわいすぎませんか?」アイスホッケー南北合同チームの帰化選手、キャロライン・パクとは

映画のモデルにもなった脱北者

そんな関心集まるかの国の女子アイスホッケー熱を見ながら思い出すのは、2016年8月に韓国で公開された映画『国家代表2』だ。