“韓流イケメン”が平昌にも。ショートトラック世界1位のファン・デホンに注目

Pocket
LINEで送る

(写真=ファン・デホンInstagram)

(写真=ファン・デホンInstagram)
もっとも、ファン・デホンは実力も折り紙付きだ。

付けられたあだ名は“怪物”

1500mの世界ランキング1位を走っており、昨季のW杯第2戦では1000mで1分20秒875をマークして世界新記録を樹立した。

さらに500mでも世界ランキング2位に入っており、平昌五輪ではショートトラックの全種目でメダル獲得が有力視されている。

「スリルがあるじゃないですか」

小学生の頃から“神童”と呼ばれ脚光を浴びてきたが、ファン・デホン自身も幼い頃からトップ選手となることを思い描いてきた。