高梨沙羅が韓国で「ミニョセ」と呼ばれる理由…待ち受ける伏兵と難関とは?

Pocket
LINEで送る

韓国に来ている。本日2月12日、いよいよ平昌五輪の空を飛ぶ、スキージャンプ日本代表の高梨沙羅。

男女を通じてW杯歴代最多タイの53勝を挙げている日本のエースには、開催地・韓国も注目している。

高梨沙羅について報じる韓国メディア
現地メディアも、「平昌でソチの悪夢を振り払う日本の高梨“涙ぐましい雪原の女帝”」(『聯合ニュース』)、「マーレン・ルンビvs高梨沙羅」(『世界日報』)などと見出しを付けて報じている。

妬みか対抗心か…高梨に対する韓国の視線

そもそも高梨は、韓国でも知名度が高い。