インタビュー炎上の韓国美女スケーターらに「資格はく奪」を求める請願が12万人を突破

Pocket
LINEで送る

【ニュース提供=スポーツ・ソウル】女子団体パシュートに出場したスピードスケート韓国代表のキム・ボルムとパク・ジウのインタビュー内容が炎上している中、国家代表資格のはく奪に関する青瓦台への国民請願が続いている。

キム・ボルム、パク・ジウ、ノ・ソンヨンは2月19日、江陵(カンヌン)スピードスケート競技場で行われた平昌五輪スピードスケート女子団体パシュート競技で、準決勝進出に失敗した。

最後の走者がゴールラインを通過した記録が成績となる団体パシュートは、3選手の呼吸を合わせることがもっとも重要な競技だが、このレースの終盤、キム・ボルムとパク・ジウは、ノ・ソンヨンのペースをキープせずに先を走り、チームワークが欠如した姿を見せた。

(参考記事:「アイドル顔負けの美貌」韓国女子スピードスケート選手キム・ボルムのSNSがスゴい!!

「私たちはうまく滑っていたのに…」

競技直後のキム・ボルムのインタビューは、さらに騒動を拡大させた。