選手村で“冷や飯”を食べた者もいた! “メガネ先輩”を輩出した韓国のカーリング事情とは?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
いよいよ迫ってきた女子カーリング準決勝、日本対韓国戦。日本は史上初めて準決勝に進出しメダル獲得への期待が高まるが、カーリングへの関心と注目なら韓国も負けてはいない。

予選リーグを8勝1敗でトップ通過しただけに、韓国でもカーリング熱が俄然、高まっている。

「平昌五輪、カーリング人気が熱い」(『聯合ニュース』)、「“人気急上昇”カーリング代表、選手のファンサイトも登場」(『Newsen』)、「カーリングの人気が大爆発、観戦チケットを買えたら勝ち組」(『ジョイニュース24』)など、多くのメディアがカーリングを大々的に取り上げており、全国紙『中央日報』などは「韓国を席巻するカーリング・シンドローム」と伝えているほどだ。

なかでも注目されているのが、日韓のスキップだ。

日本のスキップを務める藤澤五月が韓国の人気女優パク・ボヨンに似ていることから、かの国でも話題を集めていることは多くの日本メディアで取り上げられている通り。

(参考記事:韓国で人気爆発!! カーリング藤澤五月に似ているとされる人気女優パク・ボヨンとは?

メガネを外した“メガネ先輩”が超絶かわいい

韓国のスキップを務めるキム・ウンジョンの人気も負けてはいない。