選手村で“冷や飯”を食べた者もいた! “メガネ先輩”を輩出した韓国のカーリング事情とは?

Pocket
LINEで送る

(写真提供=SPORTS KOREA)
日本でも“メガネ先輩”の愛称ですっかり有名になったキム・ウンジョンは、韓国では今やアイドル顔負けの人気者になっている。

彼女のSNSは一気に話題になっただけではなく、平昌五輪開催期間中に「キム・ウンジョン応援コーナー」も立ち上がり、フォロワー数が急増。瞬く間にフォロー数の上限を超えてしまい、第2、第3の「キム・ウンジョン応援コーナー」が立ち上がっている状態だという。

(参考記事:メガネを外した“メガネ先輩”が超絶かわいい!! 韓国カーリング女子キム・ウンジョンのSNSがスゴい!!

そんな2人の人気者の対決として報じるメディアも多い。「キム・ウンジョンVS藤澤…女子カーリング韓日戦、事実上のスキップ対決」(『OSEN』)、「注目される韓日戦、キム・ウンジョンと藤澤のプライド対決に関心」(『MKスポーツ』)、「韓国のメガネ先輩VS日本の“オルチャン(美顔という意味)藤澤五月の対決」(『毎日日報』)といった具合だ。

韓国カーリングの未熟な環境

もっとも、これまで韓国のさまざまなスポーツを取材してきた立場からすると、今の盛り上がりはまったく想像できなかったものだ。